女性にモテる 思いやり

男性でモテない方には2つのパターンがある

男性でモテない方には2つのパターンがあると思います。

 

まず、自分は見た目が悪いからモテないと思い込んで、余計モテない方。
顔が少々悪くても、背が低くても、それだけでモテないということはありません。
「男は顔じゃない」とはよく言ったもので(悲しいことに、女性はある程度美人であることが必要ですが)、明るく、リーダーシップのある男性はモテます。

 

リーダーシップは難しいかもしれません。
でも、男性でも女性でも、笑顔の多い人は人の目を惹きますよね。
まず自分がモテるモテないという考えを捨て、自分に自信を持って普通に女性と接して下さい。

 

学校でも職場でも、女性に話しかけなければならない時があると思います。
そんな時は笑顔で優しく、でも、話が終わったら男らしくすぐ去って下さい。
話しかけ慣れていないからドキドキしてしまう方もいるでしょう。
でも、『出来るだけ』自然に。

 

また、「ありがとう」という言葉は使うべき時は必ずしっかり言って下さい。
相手の目を見て。

 

笑顔を忘れず、自分らしく振る舞うことが大事です。

 

次に、明るく、女性と話すのも苦にならないのに、あまりモテない方。
これは、実は自分勝手な行動が多いので敬遠されてしまう場合があります。
みんなの中でもリーダー的な存在にすらなっている人なのに、何故?と自分も周りも思っているくらい。

 

ところが、女性と2人になるとこういうタイプの方は、女性から見ると自分勝手に映ります。
デートで行く場所、すること、なんでも1人で決めてしまい、女性への思い遣りがちょっと足りないのです。
相手の意見を聞くとか、一緒に考えるようにしましょう。

 

特に気を付けたいのが、『ジョーク』です。
自分は楽しませる為に言ったジョークでも、女性はあまりにあからさまな物言いだと引いてしまいます。
男性も女性もいる大勢の中で受けるジョークと、女性と2人だけの時に楽しめるジョークは違います。

 

また、男性は女性の話の聞き役になりましょう。
自分ばかりが話していると女性は退屈します。
基本、女性はおしゃべりなのです。
特にお付き合いの初めは、出来るだけ彼女の話を興味を持って聞いてあげましょう。
特に求められない限り、アドバイスなんて余計なことをする必要はありません。
ただ面白そうに聞いていれば良いのです。

 

以上、自分に自信を持つことと、女性への思い遣り。
この2つを忘れないで下さい。