街コン レポート

2013年6月平日のプチ町コン参加レポート

2013年6月平日に行われる、男性50名・女性50名のプチ街コンに参加した。
平日行われる街コンは、大体が19時か20時開始のところが多く、今回は20時開始のものを選択。
開催されるお店は、女性が好きそうなオシャレなイタリアン。タイプは立食。

 

また、通常の街コンと大きく異なり、店移動がない。

 

さて、平日ということもあり、主な参加者は社会人である。
そのため、男性はスーツ姿が多いと思われるかもしれないが、私が何回か参加した限りでは、圧倒的にスーツ姿の人は少ない。
これには私自身も最初は驚いた。

 

おそらく今回参加する街コンも、スーツ姿の人はほとんどいないだろう。

 

肝心のプチ街コンであるが、受付開始が19:30分からのため、少し早めに受付場所で待つことに。
その間に、参加者らしき人がどんどん集まり、お店周辺に人だかりができた。
女性陣も多く、良い感じだ。

 

受付開始が始まり、名前と年齢を確認できるものを係りの人に見せ、店の中へと入店。
立食であるため、「お酒だけ持って適当にお待ちください」と係りの人に言われた。

 

時間開始までに、次から次へと参加者が押し寄せ、あっという間に人だらけ。
これが街コンの醍醐味だろう。

 

ちなみにだが、これだけ男性がいるにも関わらず、スーツ姿の方は4名しかいないかった。
※男性はスーツ参加がおすすめ!女性のウケも良く、私服はセンスが分かれるため。

 

さて、開始時刻になり、運営側より乾杯が始まる。
ここからが、イベント開始だ!

 

と、思われた男性は、実はこの時点で大きく損をしている。

 

というのも、店の中に入れば自由なのである。
つまり、開始時刻までに異性の方と喋っても別段問題ない。

 

そのため、できれば開始前に積極的に女性に話しかけることをオススメする。
狙い目は、「開始前」と「開始直後」の2回。

 

理由は、店移動がないため、ある程度仲良くなると輪ができてしまい、声を掛けづらくなってしまうからだ。
それを避けるために、最初に積極的に動く必要がある。

 

ここがこのタイプのデメリットかもしれない。

 

開始から30分も経つと、やはり少しボッチになる男性が目立ち始めた。
身動きがしにくく、食べ物や飲み物ばかり飲んでいる。
さすがに「せっかくイベントに来ているに、もったいない」と思ってしまうが、実は彼らの気持ちは痛いほどよくわかる。
私もかつてはそうだったからだ。

 

1時間も経つと、先ほど言ったように、ある程度輪が出きている。
ハッキリ言って、慣れてなければ輪に入りずらい。

 

私の方はというと、開始前に喋った25歳の女性の方と、その友達と一緒に会話を楽しんでいた。
とはいえ、ずっと同じ女性と喋るのではなく、頃合いを見計らって、色々と動き回っていた。

 

徐々に時間も終了へと近づき、仲良くなった方とアドレス交換。
この日は6名の方と交換することができた。

 

ちなみに、料理はまずまずといったところだった。

 

いつもなら、ここから2次会へのお誘いメールを送るのだが、時間が時間であり、次の日の仕事もあることから、この日は動かずにお礼のメールだけして終了。

 

以上が、2013年6月平日のプチ町コン参加レポートとなる。

 

これだけを読むと、「異性に声を掛けるのが難しい!」と思われる方も多いだろう。
しかし、実は自分から声を掛けなくても、全く問題ない方法がある。

 

それは、運営スタッフに声を掛けることである。

 

運営スタッフに声を掛けることで、何かしらのアクションを起こしてくれる。
どの異性と喋れるかはわからないが、自分から声を掛けにくい場合は、積極的に利用するべきだ。
せっかく出会いを求めて来たのだから。

 

最後になるが、運営スタッフが積極的に動いてくれるのは、この「プチ街コン」のような小規模タイプのものだけで、大規模のものになってくると、参加者を誘導するのが大変なため、ほとんどこちらに構ってくれない。
そう考えると、プチ街コンは積極的に話しかけられない方(男女ともに)でもチャンスがあり、参加するメリットはあると思われる。

 

興味がある方は、是非参加してみてほしい。

 

[PR]テレビCM放送中!
イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」