街コン 参加

2013年5月2度目の町コン参加レポート

2013年5月最終の週末に行われる、男性100名・女性100名の中小規模の街コンイベントに参加した。
なお、前回の町コンは不満点が多かったため、別の会社が企画するものを選択。

 

さて、街コン当日、あいにくの雨と少しどんよりした気分ではあるが、そこは気分を変えて気合を入れる。

 

が、参加受付の場所につくなり、その意気込みは消沈することになった。
名前確認のために、運営側がリストを持っているのだが、確認作業の時に参加人数や男女比がわかることがある。
今回は明らかに男性の方が多い。

 

これは、街コンで一番最悪なパターンで、運が悪ければ男同士で最低30分は喋らなければならない。
異性との出会いを求めて参加しているにもかかわらず、貴重な時間を無駄に費やすことになってしまう。

 

通常、それを避けるために、運営側はある程度参加者の微調整をするのだが、どうやらここはかなりお粗末らしい。

 

とにかく、男性のみの席は避けたいところだが、最初は運営側が決めるため、自分で選択できない悲しさがある。
そのため、どちらに転ぶかは運次第。

 

どうやら今回は運が良かったらしく、私の席には男性3人、女性2人という組み合わせになった。
ただ、クジ運悪く同性同士になった方は、退屈な時間になるだろう。

 

さて、最初に知り合った女性は、地方から来られている方で、26歳の仲良し2人組。
今風のちょっとギャル系の女性だが、非常にノリが良く、喋りのテンポが良い。
これは簡単に連絡先を交換できるだろうと思ったが、やはり簡単に連絡先を交換することができた。

 

ちなみにだが、食べ物がお粗末すぎる内容だ。
料理と参加人数の量が明らかにあっていない。
おそらく運営側がぼったくっているのは間違いなく、食べたのはコロッケ半分に野菜2口とビール1杯のみ。

 

席替えになり、次の女性の場所へ・・・と思ったが、残念なことに、同性同士の組み合わせになり、世間話をして1店舗目終了。
その際に聞いたのだが、やはり最近の巨大町コンは、女性の参加者が減っており、男性の方が多いとのこと。
私自身が体験しているので、非常にそれはよくわかる。

 

気を取り直して、2店舗目へ。
1店舗目よりもかなり店が狭く、前回の街コンの記憶が蘇る。
まさか、と思いつつも、嫌な予感しかしない。

 

案の定、狭い店に男性が多く集まり、かなり蒸し暑い。
しかも、女性陣は男性の3分の1くらいしかいない。

 

ここでは自由に席を動いても良いのだが、店が狭いため、そう簡単に席を動くことができない。
そして、やはり目の前には男性が。

 

そのまま2店舗目は終了。

 

さらにここでもビール1杯のみという結果。

 

3店舗目は何とかマシになったが、1店舗目が一番店的には良かった。
とにかく、3店舗目は女性と対面になれたため、良かったとしよう。
女性の方は、4回生の学生さんで、就職活動があるためか、少し清楚な感じで好印象。
最初は少し無口っぽかったが、時間と共にトークが弾み、和気あいあいと楽しむことができた。
こちらの女性とも連絡交換をして、街コンイベントは終了。

 

運営側が2次会を用意していたのだが、男性の参加者が多いのが簡単に予想できるため、参加する必要は全くなし。

 

で、1店舗目の二人組に連絡をして、食事に誘ってみると、他の方と2次会に行くため断られた。
すかさず3店舗目で知り合った女性に連絡をすると、OKとの返事がもらえたため、ちょっとオシャレなパスタのお店で食事をして終了。

 

以上が、2013年5月2度目の町コンレポートとなる。

 

ちなみにだが、今までの経験から、街コン終了後はなるべく早く2次会なり食事会なりの連絡をすると、OKを貰える確率が高い。
理由は、街コンは出会いを求めて参加しているのだから、手ぶらでは帰りたくない人が多いからだ。
「意識的に」なんだろうが。

 

また、意外なことかもしれないが、男性陣は連絡先を聞いた女性陣に、2次会のお誘いをする人は思っている以上に少ない。
声を掛けられるのを待っている女性も多いので、ダメもとで連絡することをおすすめする。

 

たったこれだけのことだが、意外にもこの差が大きいのである。

 

女性の方は、男性の参加者が多い傾向にあるため、異性との出会いを求めるには今がチャンスだと思う。
ほっといても男性側から寄ってくるので、積極的に動かなくてもいいのも魅力だ。

 

もし出会いがないのであれば、是非一度街コンに参加してみては欲しい。

 

▼最速1日!盛り上がりMAX!▼