街コン 出会えない

参加すべき街コンと参加すべきではない街コン

3人に1人が交際へ発展!
▼総参加動員数10万人突破▼

 

2013年の街コンは、全国的に乱立しているため、以前と違って簡単に参加することができるようになったが、すでにブームが去っており、参加者不足に嘆く街コンイベントが増えている。

 

そのため、適当に選んで参加したところで、「異性との出会いがない!!」というのは、もはや日常的なことになってきた。

 

ここでは、そんな街コンを避けるための条件をいくつか紹介しようと思う。

 

1つ目は、「男女比均等ではない」街コンは絶対に避ける。
街コンの出会いの高さは、男女比の均等バランスにある。
その均等バランスを無視して、募集を掛けているところは、間違いなく利益重視のため、異性と出会える確率は限りなく低い。
良心的な運営会社の場合、参加人数が少なくても均等を心がけるため、どちらか一方が多くなると、その時点で一時的に募集をストップ(多い方)させる。

 

2つ目は、フレッシュさのない町コン。
これは参加して見なければわからないのが欠点であるが、毎回同じところに参加している常連客がいる。
常連が増えている街コンと言うのは、出会いがない人の集まりであり、言い方が悪いが「売れ残り」である。
そのため、人の入れ替わりが多い街コンを選ぶ必要がある。

 

3つ目は、有名な街コンを選ぶ。
街コンはいくつも乱立しているが、その中でも昔からある有名な街コンは、やはり人が集まるため出会いも求めやすい。
近場の街コンは手軽で参加しやすいが、その反面人が集まらない可能性が高く、出会いが少ない。
近場で参加する場合は、できる限りメジャーな場所で行われるものが良いだろう。
また、花火大会やお花見など、季節のイベントが含まれるものなら更に良い。

 

4つ目は、印象の悪かった運営は次は使わない。
これも参加して見なければわからないのだが、1度参加してみて、男女比の比率が悪かったり、運営スタッフの怠慢などが目立った街コンは、次は絶対に避けるべきである。
同じような運営を繰り返している可能性が高く、改善されることはほとんどないためだ。

 

以上となる。

 

1と3については、初めて参加される方でも調べることができるため、この2点は絶対に注意して申し込んでほしい。
今の街コンは、「適当に申し込むだけでは出会える確率は低い」ということは、肝に銘じてほしい。

 

[PR]テレビCM放送中!
イオンの結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」