街コン デート

淡い期待を寄せる初めての街コン

初めて街コンに参加される場合、心なしか淡い期待を寄せると思われる。

 

私自身も、初めて参加した時はそうだった。
街コンにさえ参加すれば、恋人が簡単にできるんじゃないかと、本気で思っていた時期がある。

 

しかし、残念なことに、これは夢であることを思い知らされる。
ただ単に街コンに参加しても、次に繋がることはほとんどなく、結局は何も残らないのだ。
2時間や3時間という時間を、目の前に座った女性と15分から30分程度喋って、席を移動。
これを淡々と繰り返す流れ作業のような光景に、自分自身が情けなく感じたこともあった。

 

そのおかげで、今の私があるのだから、いい経験だったのだろう。

 

さて、街コンで異性と雰囲気が良くなり、アドレス交換をして即デートというような、淡い期待はしてはいけない。

 

最近の町コンは、定員割れしているとはいえ、それでもたくさんの異性が参加している。
その中で、気になった異性と連絡先を交換したからと言って、あなただけとアドレス交換している可能性は極めて低い。
大概は、他の異性とも連絡交換をしているはずだからだ。

 

また、街コンは沢山の異性と出会える分、相手に対する興味は合コンやコンパよりも低くなってしまうデメリットがある。

 

つまり、街コンで気になる異性と連絡先を交換したからといって、デートに繋がる可能性は思っている以上に低い。
しかも、街コンから日にちが経つにつれ、その可能性はどんどん低くなってしまう。

 

それを避けるのにおすすめなのが、街コン終了後すぐに二次会に誘うこと!
これは私のサイトで何度も紹介しているが、これが一番次につながる可能性が高い。

 

逆に「デートの約束を早めに伝える」ということが書かれていることが多いが、これは案外よろしくない。
先ほども言ったように、街コンでは参加者が多く、印象がほとんど残らない。
そのため、別の日に誘っても、ほとんどが無視、または断られてしまうのである。

 

それを避けるために、街コン参加当日に、二次会のお誘いを必ず送ってほしい。
順番としては、自分が好みのタイプから順に送る・・・という感じだ。
断られてもめげずにどんどん送ることが、本当に大事なのである。

 

街コンでは「異性との出会い」はあるが、そこから発展させられるかどうかはあなた次第である。
2013年の街コンは「受け身」では難しいため、「積極的」に動いて異性をゲットしてほしい。